• ホーム
  • パッケージに表示のない喫煙が歯にもたらす影響と禁煙

パッケージに表示のない喫煙が歯にもたらす影響と禁煙

タバコが、発ガン率を高めたり、胎児へ悪影響を与えたりすることはよく知られています。
しかし、見過ごされがちな影響が、口内環境です。
タバコの煙は、とくに歯茎を収縮させ、歯周病や虫歯になる確率を増大させてしまいます。
タバコのニコチンやタールといった物質は沈着しやすく、磨いた程度ではなかなか落ちません。
また、血管を収縮させる働きもあるために、喫煙者の歯茎はどんどんやせ細っていくことになります。
出血するようになり、膿が出始め、最終的には永久歯でも自然に抜け落ちてしまいます。

色素が沈着することに歯が黄ばんだり、口臭の原因となったりもします。
医療機関でホワイトニングを受けることによりある程度は改善しますが、生活習慣を改めない限りまた逆戻りしてしまいます。

味覚も大きく影響を受けます。
タバコを常用している人の味覚は、段々と繊細な味を判別できなくなっていきます。
料理人や、一般人でも食事が楽しみの人にとっては致命的となります。
もちろん、舌のガンになる確率も非喫煙者とは比較にならないほど高いことは、言うまでもありません。

こうした害は医療業界では常識なのですが、意外と多くの人が意識していません。
近年は、タバコのパッケージに大きくガンや、胎児への影響が表示されるようになりましたが、歯の健康については理解が進んでいません。
ですので最近では、歯医者でも生活習慣のチェックや、指導、食事の提案等、総合的な診察と治療を行なう事がスタンダードになりつつあります。

禁煙は、こうした思わぬ部分にも効果があるということになります。
禁煙外来を専門としているクリニックも登場しているため、なるべく早く診察を受ける事が健康回復には大切です。